銀座で手軽に楽しむアート

こんにちは、マーゴです。

ゴールデンウイークは遠出をせず、久しぶりに大学時代の友人と街をブラブラ。
大学で美術史を共に学んだ友人と私が、おすすめする銀座にあるギャラリー2つをご紹介します。

ひとつは、CHANEL NEXUS HALL(シャネル・ネクサス・ホール)。
シャネル銀座の4Fにあるホールで、展覧会や音楽会などのイベントを開催しています。

私たちが観たのは、フランスの写真家、サラ・ムーンの個展『D’un jour à l’autre 巡りゆく日々』。
サラ・ムーンは、70年代にはファッションや広告の分野で写真家としてのキャリアをスタートし、シャネルを含むハイブランドの仕事に携わりました。
彼女の作品は、どこか絵画のようで幻想的な雰囲気。
入場料無料にもかかわらず、約100点出展されていました。
残念ながら会期は5月4日まで。

もうひとつ、こちらも入場無料なのに楽しい企画をしてくれるのが、ポーラ・ミュージアム・アネックス。

私の大のお気に入り。
現在開催しているのは、ミニチュアアーティスト田中智の個展『Face to Face もっとそばに』。
スイーツや可愛い雑貨を指先サイズのミニチュアで製作している作家さん。
すごく楽しみにしていたのですが、ギャラリーに到着したら、なんと90分待ちの入場制限!
行列に並べない性格なので、あえなく断念…。

ただし、こちらは5月27日(日)まで開催。
入場料も無料です。
会期中に再訪したいと思っています。

シャネル・ネクサス・ホールもポーラ・ミュージアム・アネックスも、入場料無料なんて申し訳ない気分になるくらい興味深い展覧会を実施しています。
高級店が立ち並ぶ銀座ですが、お金を使わなくてもリッチで優雅な時間が過ごせます。

また、ポーラ・ミュージアム・アネックスの入っているポーラ銀座ビルの2階にある和菓子店「HIGASHIYA GINZA」も、おすすめ。
お茶も楽しめるし、ちょっとした手土産を選ぶにもよいお店。
ギャラリーを歩き疲れた後にぜひ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告