大人女子海外一人旅 デビューはベルギーで Part2

こんにちは、マーゴです。

さて、私の初めての一人旅の旅行先、ベルギーについて。

ベルギーと言えばビール。
私は、ビール党じゃないので飲み比べはしていませんが、気軽に入れそうなビアカフェがたくさんあって、ランチタイムから飲めるようです。ビール好きの方は楽しめるはず。

(私同様、ワイン好きの方なら、高速列車タリスに1時間20分乗ってパリへどうぞ。)

また、ベルギーは、チョコレート大国。

「世界で最も美しい広場」とも言われるグラン・プラスに、ゴディバの本店がある他(ちっちゃい!)、ノイハウス、ヴィタメール、ピエール・マルコリーニなど日本でも有名なチョコレート屋さんがあちこちに。

私は、チョコレート(チョコレート菓子でない)も大好きなので、大興奮。

まだ、日本へ進出していないチョコレートをお土産にしてもいいかもしれません。

他にも、これまた日本でもお馴染みのベルギーワッフルやムール貝、フリッツ(フライドポテト)など、食については大満足。
特にフリッツは、最近、日本でも広尾や代官山に専門店が出来て行列ができるほど人気があるようですね。

ベルギーでも屋台などで気軽に買えるしボリュームもあるので、ランチ代わりにもなります。

ベルギーの鉄板食、ムール貝とビール

フリッツはマヨネーズ系のソースをつけて食べます

ベルギーは、アートもおすすめ。
マグリット美術館では、20世紀を代表するベルギーの画家、ルネ・マグリットのコレクションを堪能できます。ここはミュージアムグッズもユニークなものばかり。

王立美術館では、ブリューゲルを鑑賞できます。

美術館に行かなくても、ルイーズ地区ではアールヌーヴォー建築が鑑賞できるし、街や地下鉄構内など、あちこちでタンタンの壁画を見つけることができます。

街のいたるところでタンタンを発見

タンタンショップもある

狭い面積に、ぎっしりと見どころが詰まった国、ベルギー。
近隣の国まで列車で日帰りできるベルギー。

一人旅の最初の旅先として、おすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告