ポルトガル旅行ーポルトのワインセラー

こんにちは、マーゴです。

11月23~29日まで、ポルトガルのリスボンとポルトを旅してきました。

短い滞在でしたが、特にポルトは美しく印象的な街でした。

ポルトは、リスボンから北へ約300km、ポルトガル第2の都市です。

私は、リスボンから列車でポルトへ。ポルトのカンパニャン(Campanha)駅に到着したので、そこから地下鉄でサン・ベント(Sao Bento)駅へ行きました。

約3時間半の旅でした

サン・ベント(Sao Bento)駅は、ポルトの玄関口。

観光ルートは、この駅を起点として計画するとよいと思います。

この駅から徒歩10~15分の範囲内に、名所の多くが収まっています。

ポルトガルは、アズレージョというタイル装飾がそこかしこで見られるのですが、この駅のホールも、ポルトの歴史を描いた作品で飾られていました。

1930年 ジョルジュ・コラコ制作

アスレージョの外壁が美しいカルモ教会。内部はバロックてんこ盛り。

坂の多さではリスボンに負けていないポルト。でも、おかげで坂の上からは街並みが一望できます。

ポルトと言えばポートワイン。私がこの街を訪れた目的のひとつが、ワインセラーへ行くことでした。 ドウロ川に架かるドン・ルイス1世橋を渡り対岸のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアへ行くと、河岸に多くのワイン工場が並んでいます。

大半のワインセラーで、テイスティング付きのツアーが5~15ユーロ程度で楽しめます。

ポートワインは、糖分の残っている発酵の途中にブランデーを加えてつくる、いわゆる酒精強化ワイン(シェリーと同様のカテゴリですね)の一種。普通のワインほどは飲めないので、ワインセラーをホッピングせず、事前に調べて高評価を得ていたCroftへ。

Croft HP:

私はワインが大好きなのですが、ワイナリーも大好き。もちろん飲めることもうれしいけれど、気温や湿度、樽とワイン香りや落ち着いた雰囲気など、何もかもが癒されます。

Croftでは、3杯のテイスティング付きのガイドさんによる英語のツアーが10ユーロ。

酒精強化ワインはそれほど好みじゃないけど楽しかった!

ゴンドラを発見したので、帰りはゴンドラとバスを乗り継いで戻ってきました。

ゴンドラから眺めたドン・ルイス1世橋も美しい。

ちなみにゴンドラは片道6ユーロ。ポートワイン1杯無料券付!

景色はどこまでも美しく、のんびりしているポルト。

次回は1週間くらい滞在してみたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告