ドゥマゴパリでクリスマスディナー

こんにちは、マーゴです。

中年ともなると、孫でもいない限り、クリスマスも静かな日常となりつつあります。

クリスマスだからといって、特にケーキやごちそうを食べもしないのですが、数年前にパリを旅行した時は、久しぶりにクリスマスなお食事となりました。

欧米では、12月25日は、かつての日本の元旦のように多くの店がクローズします。

観光客にとっては、ちょっと困りもの。 それでも大都会パリともなると、(主に観光客向けかもしれませんが)営業している店もチラホラ。

私も、お目当てのビストロが臨時休業だったため(HPでは25日も営業だったのですが、急遽、修繕が必要な事態が発生したらしい…)、近くのドゥマゴパリでお食事をすることにしました。

渋谷の文化村にもあるドゥマゴパリ。パリにある本家本元は、ピカソやヘミングウェイなど様々な芸術家が集い、幾多の文学や芸術が育まれた老舗カフェ。

周囲のお店がクローズしている中、堂々の営業(!)

寒い中、営業中のカフェに心から感謝!

注文は、私の定番、肉とワイン。

普段は、あまりケーキ(デザート)を食べない私ですが、海外で過ごす12月25日なので、注文してみました。

ケーキはピエール・エルメでした

観光客だらけかと思ったら、意外と地元の方と思われる、オバさん同士や老紳士が一人で食事をしている姿も多く、想定外にリラックス。

自分だけの時間がゆっくり流れるクリスマスも、けっこう幸せと思えるひと時でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告