キングコング 西野亮廣さんのサービス「レターポット」を使ってみた

こんにちは、マーゴです。

みなさん、LetterPot(レターポット)をご存知でしょうか?

お笑い芸人のキングコング 西野亮廣さんが中心となって制作されたアプリケーションです。
2017年12月28日にリリースされたばかり。1文字5円(便箋によって単価は異なります)で誰かにメッセージを贈ることができるサービスです。

たとえば、私が友人に500文字分のメッセージ(言葉)を送ったとします。すると友人のポットには、2500円分の文字が振り込まれます。そして言葉を受け取った友人が、他の誰かに、自分のポットにある2500円分を利用して結婚祝いやお誕生日などの言葉を贈ったとします。その友人は、本来支払うべきお金を払うことなく相手にメッセージを贈ったことになります。これが繰り返されると、自分のポットにある言葉の価値だけで、ある意味経済が回るということになります。

アプリ開発の背景は西野さんのブログをご覧ください。
「贈りもの革命」

コンセプトや熱い想いには賛同したものの、最初は理解が難しかったです。
50代のオバサンにはムリ、とあきらめかけましたが、まずは使ってみようと思い登録してみました。自転車だって見ているだけでは、いつまでたっても乗れるようにならないし、ましてや動く構造なんていくら説明されても理解できないのと同じこと。

興味ある方は、以下から登録後、西野さんのブログ「使い方編」を参考としてください。

レターポット

レターポットの使い方【初級編】

さて、登録したものの、今度は「言葉を贈る相手がいない!」事実に直面。
私と同世代の友人たちは、レターポットどころかフェイスブックもTwitterも無縁、という方がたくさんいるのです(西野さんのこともたぶん知らない…)。
実をいうと、私自身、キングコングも西野亮廣さんの名前をまったく知りませんでした。
昨年末にひょんなことから彼の著書「革命のファンファーレ」を読み、その発想のチャーミングさに心をつかまれました。

今時の若者ってスゴイ!

そんな折り、ちょうど西野さんが、今年の成人式で着付け会社「はれのひ」の被害者に対して成人式をプレゼントするというニュースが飛び込んできました。

その名も「リベンジ成人式」。

「はれのひ」被害に遭われた新成人の皆様へ

「リベンジ成人式」計画の中で、レターポットのユーザーに対して、新成人へのメッセージを西野さんのポットへ贈ってくれるように呼びかけがありました。

というわけで、私のレターポットメッセージの第1号は西野亮廣さん(正確には「はれのひ」被害に遭った新成人のみなさま)。

また、レターポットの使用にあたってのマナーも紹介されているので、併せてご覧ください。

レターポットの使い方【マナー編】
・貰ったレターをSNSにアップするのは辞めましょう
・返信を求めるのはやめましょう(既読スルーOK)

30歳頃まで、私の生活の中には携帯電話もパソコンも普及していなかったので、手紙や交換日記(今もある?)をツールとして、友情や愛を育んだものです。
今思えば、相手が手紙を読んだ証拠(既読)なんてないから、既読スルーが当たり前。SNSもなかったから、もらった手紙をアップしようもありませんでした。そう考えると、レターポットは、意外に私たち世代にとって使い勝手がよいかもしれません。

レターポットは、有料の便箋(壁紙みたいなもの)にメッセージを書くので、この便箋が利益につながっているようです。今のところ3種類のデザインがありますが、結婚祝い用や出産祝い用、バースデーカード仕様、お悔み用などもあると、さらにいいかも。

今はまだα版とのことなので、これからに期待しています。

最後に私のレターポットの宛先(というのかしら?):https://letterpot.otogimachi.jp/users/23637

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告