英語学習は、なぜ続けられないのか?

こんにちは、マーゴです。

以前、英語学習ツールとして、ベルリッツや参考書「英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術」を紹介しましたが、これらはすべて「継続する」「やり遂げる」ことが前提です。

でも、多くの人が、一定レベルの英語力を身につけられずに、勉強を止めてしまっているのではないでしょうか?

なぜ、英語学習が続けられないのか?

それは、「英語が必要じゃないから」。

身も蓋もないですが、必要に迫られてなければ、仕事や家事、子育てに忙しい毎日の中で、たとえ5分だって英語を勉強する時間を作ることは難しいです。

TOEICや英検の目標を決めて頑張る?
私は絶対ムリ。
いくら目標を決めてもダイエットに成功しないのと同じこと。

反対に、「来月、香港のクライアントが来日するから、英語でプレゼンを頼むよ。簡単でいいからさ」と上司に命令されたら?
大学卒業以来、英語なんて使っていない!という状況であれば、「簡単でいい」と言われたところでプレッシャーがなくなるわけじゃありません。
とにかく来月までの1ヵ月間、英語のプレゼンを練習するしかありません。プレゼンにフォーカスした英語の練習です。
こうなると、いままで「忙しくて時間がなかった」はずなのに、どこからともなく勉強する時間が生まれてきます。
カフェで待ち人が現れるまでの時間、お風呂が沸くまでの時間、映画館で上映が始まるまでの時間。あなたはプレゼンが気になって、どこにいても勉強したくなるでしょう。

英語が必要な状況になければ、モチベーションは継続しないのです。

確かに「次のTOEIC試験で700点を突破する」という目標を決めて頑張れる人も少なからずいます。目標を達成することに、とてつもないワクワク感と喜びを感じられる人。
羨ましいです。

でも、もしあなたが「目標を決めて、達成するまでの工程に快感を得られるタイプ」じゃないなら、そしてそれでも英語を身につけたいなら、学習方法を見直す必要があるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告