海外旅行に持っていくと便利だったもの(超個人的に)

こんにちは、マーゴです。

海外旅行へいくたびに、必ずもっていくものがあります。

それは、ビン類の緩衝材「ボトルネット」。

これは、海外では一般的ではないのでしょうか?よくわかりませんが、海外のワインショップでは、あまり見かけない気がしました。
地元のワインショップなら、自宅で飲むのでしょうから、簡易包装だろうし、「日本へ持って帰る」と伝えても、ほんの少し厚めに包装してくれる程度。
そこで、日本でお馴染みのボトル用緩衝材が大活躍です。
いつも何枚かスーツケースの隅に入れておきます。
ワイン以外にも、香水など壊れ物を買ったときに使えそうです。

それとコンビニでもらえるプラスチックのフォーク&スプーン、割り箸も毎回持参。
残念ながら若いころのように、毎日外食して夜まで遊ぶという体力がありません。
旅行中も、1回は、デリカテッセンで買ってきた惣菜(とワイン)をホテルで食べるようになりました。でも、リクエストしないとフォークをくれない店や、そもそもフォークやスプーンがない店もあります。日本にいるときのクセで、フォークがあるか確認せずに惣菜を持って帰り「しまった!」ということも。
使ったら捨てられるし、ひとつふたつ持って行くと便利です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告