海外旅行 旅先では無駄な時間ほど愛おしいかもしれない

こんにちは、マーゴです。

若いころは、海外旅行へ行くと、朝から晩まで遊んで、それが楽しかったけれど、もうそんな旅は遠くになりにけり、の私です。

現地でのスケジュールをほとんど決めない

出発前にガイドブックや他の方の旅ブログを参考までにチェックするのですが、みんな朝早くから夜遅くまで精力的に活動されている様子にびっくり!
そんな体力ない…。
私の場合は、事前に行きたいところの候補をピックアップしておくものの、あとは現地で、その日の気分や体力と相談しつつ予定を決める、というパターンです。ついでに言うと、旅のスケジュールをたてること自体けっこう苦手かもしれません。だから面倒くさいだけかも…。

海外旅行先でムダな時間を過ごす贅沢

日本では、どうしても「予定」と「ToDo」に追われがちなので、私にとって、そこから解放されるのも旅の楽しみ。

あらかじめ予約が必要なイベントやレストラン、列車を除き、とにかく時間にしばられない1日が最高! 当然、「XXXへ行ったら絶対訪れたい場所10か所!」的なところへ半分も行けなかったりするわけですが、No problem。
日本から遠く離れた地で、「次はこれしなきゃ」とか「X時までに、XXXへ行かなきゃ」というスケジュールに追われることなく、グータラ過ごすのは、本当に贅沢な気分です。

地元民に紛れてみる

日本でもそうですが、私は、知らない街を散歩するのが好き。
それも、そこそこ都会の住宅地。生活臭のするローカルな通りをブラブラするのが楽しいのです。東京だったら、新宿や渋谷じゃなくて、電車や地下鉄に乗って、数駅離れた永福町や戸越銀座あたりのイメージ。観光客の姿はないけど、地元の暮らしが垣間見えて「本当に知らない国へ来たな~」と実感できます。

バス停や小学校、スーパーマーケットなど、どこにでもある、でもちょっと日本と違う風景を眺めるのが楽しい。観光客に見られることを意識してない、その地の素顔を見ているようだから。数年後に思い出すのも、有名な観光スポットより、何気ない街並みだったりします。

ちなみに私の記憶に残る街の風景は、ウィーンからチェコへ向かう途中に通り過ぎた名前も知らない街の風景と、友人が住んでいたニューヨークの郊外。

「せっかく海外へ来たのだから観光スポットを全部訪れたい」という気持ちも分かりますが、たまにはちょっと目先を変えた旅も楽しいかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告