世界9か国17都市しか行ったことがない私がもう一度訪れたい場所5つ

こんにちは、マーゴです。

はやりのWeb記事っぽいタイトルにしてみました。
タイトルのアンチエイジングです…。

旅の初心者、まだ世界9か国17都市しか訪問したことない私が、もう一度訪れたい都市5つを考えてみました。

17都市の5つだから約3分の1.

どーでもいいランキングな気がしないでもないですが、発表です。

1. ウィーン(オーストリア)
2. フィレンツェ(イタリア)
3. ポルト(ポルトガル)
4. ベルギー(ブリュッセル)
5. アムステルダム(オランダ)

どこの街を訪れても、「この街は住めるだろうか?」という視点が心のどこかにあります。

なので、今回ランキングにあげた5つの都市も「なんか住めそう」と妄想が膨らむ街。

1. ウィーン
歴史的に美しい一方、どこか整えられた印象を受けました。
地下鉄などのインフラも整備されていて便利だし、全体に清潔感があった。
それに加え、所有している美術作品が、私の好みにどストライク。
日本でオーストリアワインを飲む機会がなかったのですが、現地で試した白ワインが、どれも目から鱗の美味しさだったことも心惹かれる理由。

2. フィレンツェ
中世へタイプスリップしたような街並みのフィレンツェ。
ワインと食、芸術という私の大好物がそろっています。
それらをもう一度堪能したいということもありますが、他の理由も。
前回、この街を訪れた時は、イタリアに留学経験のある友人に頼りっぱなしだったので、街全体の地図や路線図などをまったく確認していませんでした。
そのせいか、レストランや観光名所などスポットの記憶はあるけれど、「街」としての記憶が薄い。
もう一度、自分の目と足で、この街を確認したいのです。

3.ポルト
他の4都市と比較すると、ぐんと田舎。
ものすごくコンパクトな街ですが、のんびりゆったりした雰囲気が心地よかった。
坂道が多いのが、アラフィの体にこたえるけれど、坂道を登り切った場所から見下ろす街の景観の美しさったら! 川岸に立ち並ぶワインセラーにも癒されます。
ストレスって何?という街です。

4. ベルギー
最初に一人で旅した街なので、なんたって印象に残っています。
コンパクトで美しい街。
ヨーロッパへ来たということを心から実感できる街並みです。
でも、「初めて」だらけだったので、ホテルの選び方など「次はこうしよう」と思う部分も多々あります。
ベルギーを拠点に、周辺の小さな町や村も行ってみたい。

「住む」という妄想で期待大なのは、他のヨーロッパ諸国のとの距離感が近いこと。
列車に乗って気軽に海外旅行できる都市が非常に多いのが、島国日本に暮らしている私からはうらやましいことこのうえない。箱根に行くような感覚で、週末にパリとか行けちゃうなんてステキすぎる。

5. アムステルダム
乗り継ぎと日帰り旅行でしか足を踏み入れたことのない街。
しかし、「住む」という観点からは、ウィーンに次いで妄想が膨らむ街です。
英語が通じる安心感、美しい街、素晴らしい美術館。
とはいっても、滞在時間が短すぎるため、全体像を把握できていません。
そのうち、アムステルダムを拠点とした旅行して、食なども確認したいところ。

行ったことのある街と未踏の街を組み合わせて旅をするのが好き。

フランスのワイナリー巡りなんかも楽しそう。

妄想が膨らみます。

海外旅行はエイチ・アイ・エス

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告