映画「ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書」感想(ネタバレ少し)

こんにちは、マーゴです。

「ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書」を観ました。

スティーブン・スピルバーグ監督、主要キャストがメリル・ストリープとトム・ハンクスとなれば、アカデミー臭しかしない。 私の苦手な妙にドラマチックで大げさな演出かとおもいきや、とても面白い作品でした。

あらすじ

1971年、アメリカはベトナム戦争が泥沼化し、国内では反戦の気運が高まりをみせていた。
そんな中、「ニューヨーク・タイムズ」が、政府の極秘文書「ペンタゴン・ペーパーズ」の内容の一部をスクープした。それは、政府にとって都合の悪い真実が記録されている文書だった。ライバル紙「ワシントン・ポスト」の女性社主キャサリン・グラハムと編集主幹ベン・ブラッドリーは、残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走する。
あらゆる手段で記事を差し止めようとするニクソン大統領と政府を敵にまわし、ジャーナリストたちが、報道の自由と信念を懸けて戦いに挑む。

女性社主 キャサリン・グラハムの魅力

これは史実なので、ストーリーの結末はアメリカ国民じゃない私でもある程度知っていました。
それにもかかわらず、実にスリリングな展開にどんどん引き込まれました。

それとは別に魅力的だったのは、メリル・ストリープが演じたキャサリン・グラハムの存在。
調べてみると、彼女はワシントン・ポスト社の社主であったユージン・メイヤーの娘。その父から夫フィルに経営は引き継がれましたが、フィルの自殺によりキャサリンに社主という地位が回って来たそうです。

お嬢様育ちで専業主婦だったことに加えて、女性が経営者としてリーダーシップを取ることが当たり前とはいえなかった時代に、彼女が経験した苦労はいかほどだったでしょうか。
映画の中でも、株式公開にあたって女性社主への不安感を揶揄されるような場面や、ホームパーティーで政治の話を始める男性陣を横目に奥様方がサロンへ移動する場面に、当時の女性の立場が描かれています。

しかし、キャサリンは周囲の予想に反し、アメリカ全体を巻き込む政治スキャンダルで大決断を下し、家族経営の一地方紙だったワシントン・ポストを世界的な有力紙にまで育て上げます。

また、ブラッドリーの妻もなかなかステキだった。
政府を敵に回してペンタゴン・ペーパーズを掲載すると決めたとき、職を失い家族に迷惑をかけるかもしれないと心配するブラッドリーに対して、キャサリンの方がずっと大変なのだ、決断をした彼女は本当に偉いと、やんわりと伝えます。
アグレッシブなジャーナリストとして「海賊」の異名をもつ男性のブラッドリーは、この事件をとおしてむしろ名声をあげることができる。再就職先に困ることはないだろう。でも、会社や全社員に対して責任のあるキャサリンにとって、女性経営者として軽くみられてきた彼女にとって、このスクープを掲載することの重みはブラッドリーとはまったく異なるのです。

キャサリンの自伝「キャサリン・グラハム わが人生」は、日本語の翻訳版も出版されています。

インターネットがない時代の通信手段が魅せる効果

1970年代が舞台なので、当然、インターネットやパソコン、携帯電話は登場しません。
映画の中では、当時の通信、伝達の方法が、とても効果的に描かれています。

まずは電話。
もちろん携帯電話でなく、コードレスですらない。
「内線」機能を使って、複数で激しく議論するシーンやコインを投入しながら話す公衆電話。

ベルの音や受話器の大きさに緊張感と迫力を感じます。

それからタイプライターの音、原稿を持って車にひかれそうになりながら全力疾走するメッセンジャーボーイ、輪転機によって活版印刷で新聞刷り上がっていくシーン。

躍動感と臨場感にあふれ、スリリングな展開に重要な役割をかっていました。

セット鑑賞をオススメする作品

映画を見に行く前に、すでにこの映画を見た友人からメッセージをもらいました。
『大統領の陰謀』も併せてみるといいよ、と。
1976年度アカデミー賞で作品賞・監督賞を含む8部門でノミネート、助演男優賞、脚色賞ほか全4部門に輝いたダスティン・ホフマン&ロバート・レッドフォード主演の作品です。
こちらも「ウォーターゲート事件」の真相を暴いた、ワシントン・ポスト紙の若き記者たちの実録。
「ペンタゴン・ペーパーズ」でハンクスが演じた編集主幹ベン・ブラッドリーは、ジェイソン・ロバーズが演じてアカデミー賞助演男優賞を獲得しています。

また、ウォーターゲート事件で“ディープ・スロート”と呼ばれた重要人物を主人公に描いた作品が、現在も公開中のリーアム・ニーソン主演、リドリー・スコット製作の『ザ・シークレットマン』です。

セットで鑑賞すれば、ひとつの事件を多角的にみる楽しさがありますね。

当時者たちの現在を調べてみたら、「ペンタゴン・ペーパーズ」を新聞社へリークしたダニエル・エルズバーグ氏は存命でした。現在87歳(2018年時点)。平和運動に尽力しているようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告