映画「WAKITA PEAK(ワキタピーク)」

こんにちは、マーゴです。

友人の英日字幕翻訳者さんが担当したドキュメンタリー映画「WAKITA PEAK(ワキタピーク)」の試写会へ行ってきました。

日本映画を見る機会が少ないマーゴなので、今回はとても貴重な時間をいただきました。

あらすじ

サーフィンの聖地ハワイ・ノースショア。

奇跡の7マイルと呼ばれるそのエリアには、世界屈指の波が無数に存在する。

中でも別格なのが、パイプライン。世界で最も危険で美しい、波の女王だ。

その波に世界で唯一自分の名前を刻んだ日本人サーファー、脇田貴之。

ハワイアンにとって海は生活のすべてであり、神聖な場所。

脇田はそんなハワイアンたちを尊重し、彼らも手を出さない巨大で危険な波だけが来る場所で波を待つようになった。

いつしか人はその場所を「WAKITA PEAK(ワキタピーク)」と呼ぶようになったのだった。

(公式サイトより抜粋)

感想と概要

若い頃に自分が好きなことや夢中になれることを見つけて、それにフォーカスした人生を送っている人を、常々うらやましく思っています。

私自身は、夢や目標に向かって熱く生きる人生とは無縁。

もちろん、そんなものはなくても人間は愛にあふれた充実した人生を送ることはできます。

むしろ、夢や目標がなきゃダメ、という既成概念にしばられたくない。

しかし、人生はいろいろで、自分とはまったく共通点がない他人の人生に触れる瞬間があるからこそ面白いのです。

このドキュメンタリーの主人公、脇田貴之はプロサーファー。

いわゆる「好き」を仕事にした人です。しかも、家族全員がサーフィンに夢中という理想的な一家。家族が、共通の話題でケンカや言い争いができるって、実は、とても幸せなことだと思います。

また、自分の好きなことを何年も追い続けていく生き方は、シンプルで美しい。

良い日もあるし、悪い日もあるけれど、自分軸がぶれない日々の積み重ねが未来を創造していると感じます。

何かに夢中になっている人がいて、同じ夢を持つ家族がいて、ハワイの海が美しくて。

もう、毎日のToDoがどうでもいいや!って気分になってしまう映画です。

公開劇場:ユナイテッドシネマアクアシティお台場(6月8日〜)

出演:脇田貴之 脇田泰地 脇田紗良 脇田小百合

監督・撮影・編集:清野正孝

製作:インタナシヨナル映画/アヴィエイター・ジャパン

2018 年/日本/カラー/95 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告